社会における禁煙のメリット|禁煙1・2・3情報局

社会における禁煙のメリット|禁煙1・2・3情報局

社会における禁煙のメリット

禁煙による社内の問題

経営者にとってタバコというのは頭を抱える問題となっています。というのも、従業員に喫煙者がいると喫煙コーナーを設けるか、その従業員に喫煙を控えてもらうようにする必要があるからです。

喫煙コーナーを作るには費用がかかりますし、喫煙を控えると精神的なリラックスすることができずに仕事に影響を与えるかもしれません。他にも喫煙者では、40代50代と一番仕事ができる年代に肺がんやCOPD(慢性閉塞性肺疾患)という病気を発症してしまい会社を辞めざる得ない可能性が増えてしまいます。どちらにしろ、あまり良いことではありません。

また、喫煙者は休憩時間外に煙草を喫煙することが良く見受けられます。非喫煙者から見ると非常に不公平に感じられます。非喫煙者が5分間話をしていたら、間違いなくサボっていると見られてしまうでしょう。でも喫煙者が煙草を吸っていても、サボっているとは見なされないのです。

社内における禁煙のメリット

そのため、最近では経営者が従業員に対して禁煙を促すところも増えています。従業員がみんな非喫煙者となってくれれば喫煙コーナーを設ける必要がなくなりますし、非喫煙者であるためタバコを吸わなくても精神的なストレスを抱え込むこともなくなり仕事に悪影響を及ぼすこともありません。もちろん、病気を発症する可能性を減らして、有能な従業員の退社を食い止めることもできます。

このように、会社全体にメリットがあるのです。そのため、会社が禁煙で必要な経費を肩代わりしているところも増えています。例えば、最近では禁煙専門の医療機関が増えてきており、そこにかかる医療費を会社が支払うところも少なくありません。もちろん一時的な出費となりますが、長期的な視線で考えると会社に及ぼすメリットの方が大きいと経営者が考えているのです。