様々なニコチングッズ|禁煙1・2・3情報局

様々なニコチングッズ|禁煙1・2・3情報局

様々なニコチングッズ

禁煙治療の中にはニコチンによる離脱症状を、煙草以外の方法でニコチンを体に摂取することによって症状を緩和し、徐々に無理せず禁煙する方法のニコチン置換療法というものがあります。それぞれのライフスタイルに合わせたニコチングッズが数え切れないほど販売されているのです。

ニコチンパッチ

市販薬で、薬局などで購入することができる禁煙のためのパッチです。肌に直接張ることで効果をニコチンを体内に補給することができます。メーカーによってニコチンの種類、量、使用期間はそれぞれ異なりますが、ほとんどの変わりはありません。ニコチンパッチにはステップがありそれに沿って使えばいいのでとてもわかりやすいです。


使い方を説明します。(2か月間での禁煙の場合)

ステップ1(14mg)
14mgのパッチを6週間はります。
6週間ほどで禁煙時のイライラなどが緩和されていきます。

ステップ2(7mg)
禁煙7週目からは半分のニコチン量となります。2週間続けてみて禁煙が続くようであれば使用をやめる。

これで禁煙完了です。

禁煙治療薬と違いニコチンを摂取するだけで、ニコチンの結合を阻害する効果などはないので、自分の意思をしっかり持ったうえでの禁煙でなければ難しいかもしれません。

ニコチンガム

こちらもニコチンパッチ同様、薬局で購入することができます。ガムをかむことによってニコチンが体内に補給されます。硬さや、味もたくさんの種類が出ていて自分の好みのものを選ぶことができます。煙草を吸いたくなったときにガムをかむというのがポイントです。パッチと違いその都度噛むので習慣的になり禁煙しやすいかもしれません。

使用の際の注意点はゆっくりかむことです。急いでかむと、ニコチンが多く出てしまい、効果を得られるどころか吐き気、胃痛などの副作用が起きてしまうことがあります。ガムだからと言ってずっと続けてしまいそうなものですが、ニコチンが含まれているので3か月以内に辞めましょう。

ニコチン入り電子たばこ

電子たばこと言えば、水蒸気を煙草の代わりに見立てて吸い込むというものです。ニコチン、タールが0のものが主流ですが、それではどうしてもやめられないという人にお勧めなのがニコチンリキッド入りの電子たばこです。

日本では、販売が禁止されていますが、海外のサイトから個人使用の目的で購入することができます。ニコチンの強さもリキッドによっては選ぶことができます。またたばこよりも安価に買うことができ数多くのフレイバーがあるのでお勧めです。徐々に禁煙していくのに持ってこいです。ですが、ニコチンリキッドはニコチンが90mgふくまれているので誤飲をしてしまうと成人の致死量を超えてしまうので注意が必要です。