ニコチンとサヨナラ|禁煙1・2・3情報局

ニコチンとサヨナラ|禁煙1・2・3情報局

ニコチンとサヨナラ

ニコチンの依存性

タバコが止められない原因、そして禁煙してもなかなか上手くいかない原因は、タバコに含まれるニコチンにあります。ニコチンは脳に刺激を与えて、ドーパミンという快感をもたらす物質が発せられます。

タバコを吸うと、気持ちがすっきりしたり、休憩時の相棒として欠かせないのはこの作用によるところが大きいのです。そして、この快感が病みつきになり、タバコが辞められなくなります。タバコを吸う方は1日に何本も、あまり時間をおかずに吸い続けます。いわば、脳がマヒしてニコチンによる快感を要求し続けているため、どうしてもタバコを吸いたくなるのです。

禁煙を試みようとすると、ニコチン切れを起こし、快感物質が出なくなって気持ちが沈み、イライラしてきます。このイライラを解消するために、再びタバコに手を伸ばすという悪循環が繰り返されます。その為、なかなか禁煙をする事ができないのです。ニコチンには非常に強い依存性があります。1度吸い出すとそう簡単に辞めることはできないのです。


禁煙補助グッズ

そこで、巷では様々な禁煙補助グッズが登場しています。その1つにニコチンガムやニコチンパッチがあります。これは微量のニコチンを含むことで、タバコを吸わない代わりに、わずかながらニコチンを供給し、イライラを起こさないようにしながら、タバコを吸う習慣を遠ざけようとするものです。もっとも、僅かであっても体にとって有害といわれるニコチンを含むことには変わりありません。

一方、チャンピックスはニコチンを含まない禁煙治療薬です。ニコチンの代わりにチャンピックスに含まれる成分が、脳のニコチン受容体に働きかけ、少量のドーパミンを出します。
これにより、イライラを抑制しつつ、タバコとさよならする仕組みです。チャンピックスを使用した場合は、ニコチンを体が必要としなくなるので、非常に禁煙の成功率が高いとされています。